スタッフブログ

山本 恵理 自己紹介へ

【設計】再起 , 回生。の打合せ。

こんにちはー。

わたくしめが、今担当している物件は、

倉庫であって倉庫ではない?倉庫なのか??倉庫なんだね。

という建物を担当しております。

ここのお施主様である奥さんは、多趣味でアンティ-ク好き。

いつも、通されるお部屋のリフォ-ムも以前、弊社でやらさせて頂いたのですが、

そこにおいてある、テ-ブルも椅子もイギリスのアンティ-クの家具。

そして、リフォ-ムされたお部屋の生活の中で、古いものをすてきに

使われているお施主様なのです。

今回は、敷地内の古い倉庫を壊させていただき、新しい倉庫を建てさせていただいております。

古い倉庫を見せて頂いたときに、亡くなったお母さんが、お茶の先生をやっていたという事で

茶道具がわんさか。アンティ-クがわんさか。積みあがっておりました。

建て替えて、きれいにしまいたいというご要望の中、倉庫を新築させていただくことに

なりました。

長年、どこかで使いたい!でも、少し壊れてるから使えるかな??という物。

飾りたいけど、今回の倉庫に飾れるかな??というご要望がありました。

まず、ついたて。

立ておくところが、ないなー。ということで・・・。

ついたてを天井の梁と梁の間に埋め込んでみました。

それで、そこから、ペンダント照明をたらそうと思います!

線がびろ~んとでてるところに照明をつけます。

天井とついたてが少し隙間があるので、組子の影が天井にも落ちて

雰囲気よくなりそう!

奥さんと、現場をみていて、ぜひ、この組子に

奥さんが得意とする古い布を使った吊雛とかつくって、

組子にぶら下げるとかするのも面白そうですね!!といったら、

うん。うん。たのしそう!!

梁のボルトにもなんか引掛けて、飾れそうですね!と

私もなんだか、夢中になって、こう飾ったらいいんじゃないか??と

べらべら話してました。(*^_^*)

このついたてから、たらす照明は、少し配線のひもがほつれてるけど、直して

使えるよ!と電気屋さんから太鼓判もらったので、

奥さんは大喜び!

何年も、使いたいけど、使う場所がないのと少し配線のひもがこんなふうになってるから

使えるのかな~??と日の目をみなかった照明が

今回、また新たに明りを灯すことになりました。

古いガラスは、不純物がはいっているから、今は作られないけど、

この不純物が、新しガラスとはちがう、いびつ感をだして、個性があって

温かみがでて、おもしろいのよね。

とおっしゃってました。

へへ。なんだか、スカ-トみたいですね~。この照明。

また、この照明も新しい場所で、輝くのですね。

優しい光を過去の時間とともに落としてくれそうです。って、

倉庫なんだけどね。

倉庫なんだよな~。

 


インスタグラム

アンシンハウズが今まで、建築させて頂いた住まいをご紹介しています♪自分の住みたい家が必ず見つかりますよ(^○^)*

画像をクリック↓

記事一覧

1ページ (全275ページ中)

ページトップへ