スタッフブログ

飫肥杉のメンテナンス方法

山本 恭子 自己紹介へ
2018/06/25(月) 山本 恭子木の住まい

皆様、こんにちは!
梅雨の合間の晴天で、暑い日ですね。

アンシン建設では床材に飫肥杉を使用しております。
柔らかくて、調湿効果・消臭効果に優れていますが傷がつきやすいのです。
そこで、より気持ち良く住み続けて頂くために、社員全員がお客様にメンテナンス方法を
お伝えできるようにと、アンシン建設・積算部の権藤講師がレクチャーしてくれました♪

その様子を一部、お知らせします。

用意するものはこちらの4つです。
・激落ちくん
・雑巾
・バケツ
・グラノス(リボス社のメンテナンス塗料)

 

 【準備】
グラノスを30倍に希釈したものを作ります。
付属のポンプにメモリがついついているので簡単です。
バケツに水を入れて、雑巾と激落ちくんを水に濡らして固く絞っておきます。
準備が出来たら床を磨いていきます。

【メンテナンス方法】
① 希釈したグラノスを片手で届く範囲の床にかけます。
②最初はそのグラノスを延ばすように激落ちくんで広げます。 
 一通り広げたら、強くこすらないように気をつけて、撫でるように
 激落ちくんで汚れを取っていきます。
 激落ちくんに汚れが付いているのがわかると思います。
③汚れでぬるぬるしてきたらバケツで洗います。
④床の汚れが大方取れてきたら一度雑巾で拭き取ります。
⑤その後、もう一度激落ちくんで床を磨きます。
 床がきれいになっていくのが目で見てわかるようになります。
 (2回目はグラノスを使わなくても大丈夫です。)
⑥最後に雑巾で拭き取って完了です。

 この作業をひたすら行っていきます。

 

 ご覧ください。磨いたところと磨いてないところとでは、こんなに色が違います!

この後、濡れている床を乾燥させる事が大切です。
そして、翌日以降に改めてアルドボスを塗布したら、完成です。

以上、簡単に説明させて頂きましたが、ご不明な点や手入れのご相談など
いつでもお気軽にご連絡ください♪

また、メンテナンス方法について他の社員がもっと詳しく紹介させて頂くと思います。
では、すてきな一日をお過ごしください(*^。^*)

 

もっと詳しく知りたい方はコチラから

記事一覧

1ページ (全212ページ中)

ページトップへ