スタッフブログ

消費税の増税・・

西尾 孝志 自己紹介へ
2019/09/05(木) 総務部西尾 孝志

消費税の増税・・するのですよね?

増税の日とされている、10/1まで、一ヶ月を切ったのにもかかわらず、そんな声も聞こえてきます。

確かに、やるよと発表されてから改めてしっかり宣言されていない気もしますよね。

今のままだと、結構沢山の方が『本当にするんだよね?』と思いながら10/1を迎えそうで、恐ろしいです。

今回は軽減税率もあり、対象となる事業者はシステム導入が大変そうですね。

『住宅』は残念ながら、10%に引き上げなので、経理の私としては、今まで8%計上していたものを10%にかえるだけとなります。

 

お家づくりは、引渡しを受けたタイミングで消費税がかかりますので、今年の4月以降のご契約で10月以降のお引渡しの方は、既に10%の説明を住宅の営業の方から受けていると思います。

仮に3,000万のお家だと、増税前と増税後で60万も変わってしまう・・やはり大きいですよね。

でも、消費税増税後の市場の冷え込みに対応する為、増税後から導入される税金の優遇措置もあり、冷静になると、住宅購入というポイントでみれば、増税後の購入による恩恵を受ける方もおられると思います。

例えば、住宅ローン減税は、もともとある制度ですが、適用期間が増税前が10年なのに対し、増税後は13年となります。

この制度だけでも、増税後の方が結果的に税金面でのメリットが大きい方もいます。

例えば、土地+建物で住宅を建てられた場合は、土地部分の消費税は非課税なので、消費税を建物の部分しか払う必要がないのですが、住宅ローン控除は、土地・建物両方に利用できるため、年末の住宅ローン残高が大きい方は、住宅ローン控除の税金の還付額が支払った消費税の増税分より多いというケースがあります。土地探しから家づくりをされる方は結構あてはまるのではないでしょうか。

他にも、贈与税の非課税枠が拡大されたり、住まい給付金の給付額が拡大されたりと、住宅購入に関しては決してネガティブな事ばかりではない消費税増税。

でもそれはあくまで『住宅』の話。他の要素を含めていつ建てるべきかの結論は、一人ひとりのタイミングがあるはずです。

増税に惑わされず、冷静に落ち着いた家づくりができればと思います。

 


facebook

イベント情報や、HPでおすすめの内容をピックアップして投稿していますよ*最新のイベントチェックなどはfacebookから(*^^)v!!イベントの❝今❞も更新中*

画像をクリック↓

記事一覧

1ページ (全243ページ中)

ページトップへ