スタッフブログ

森山 沙紀 自己紹介へ

≪≪本物

2014/04/07(月) 設計部森山 沙紀

 

 

おはようございます?

何だか、またまた冬に逆戻りな気候に戸惑いますね。

**

先日、日本の伝統美を見にいきました。

少し前からCMでもやっていますが

名古屋市博物館で行われている

  『大浮世絵展』  

ずっと気になっていました。

そういえば浮世絵…見たことないな…と。

 

浮世絵って日本独自のもので、日本で見れて当たり前!

と思っていましたが、違うんですね。

海外が所蔵先の物も意外とたくさんあるんです。

 

ただ、あまり確認しないで行ってしまい見れると思っていたものが

見れなくて少し残念でした。

特に有名な作品は期間を区切って展示してあるようです。

注意ですね!

その中の一つがチケットにもなっているこの作品!

重要文化財 東洲斎写楽の作品!!

有名ですよね。

コレ見たかったー(+_+)

 

それでもほかの写楽の作品もたくさん展示してありました。感激!

 

 

他に展示してあったものは

葛飾北斎

『冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏』

遠近法が取り入れられていたり、紺青という鮮やかな青色が

特徴なんですって!

この荒波の中に実は人がいっぱいいるんです!

じっくり見ると面白い発見が♪

 

とか、同じく 

『冨嶽三十六景 凱風快晴』

これもよく見ます!通称:赤富士

 

 

とかとか、同じく 

『冨嶽三十六景 山下白雨』

赤富士と対象の作品として黒富士とも呼ばれているそうです。

                                          ―――写真はウィキペディアより引用―――

 

 

何の知識もないまま見に行ってしまいましたが、結構楽しめました。

じっくり見ていると隠し文字があったり、

人が隠れていたり、猫がいっぱいいたり…

人の目の書き方も江戸と京都では違っていたり…

時代の変化があったり。

 

色の使い方も当時の定番の技法だけではなく、

それぞれ作者が工夫しているという事が解説からわかりました。

 

こんなに有名な人たちも色んな努力を惜しまずやっていたんですねぇ。

新しいことへの挑戦を続けてきたから

後世に残る作品がたくさんあるんですよね。

 

本物を見ると意外と小さいんだな。とか

こんなところに面白い表情の人がいるー!とか

髪の毛が一本一本書かれてるー!とか

色がきれいだなとか

単純ですが、感動するものはたくさんありました。

 

『大浮世絵展』は5/6まで開催しているようです。

興味ある方是非、本物を見てください♪

発見がいっぱいあってちょっとだけ浮世絵が近い存在になりました☆

 

 

働くママにも優しい、のびのびと子育てできる間取りのご提案。

自然素材に囲まれた家で温もりある暮らしを届けます。

 

 

 

 

 

 

記事一覧|2014年4月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ