Q.坪単価について知りたい!

坪単価とは、1坪当たりの建築費がいくらかかるかを表すものです。

一般的には、下記の式にて算出する事ができます。

坪単価=本体価格÷延床面積

(延床面積とは、建物の各階の床面積の合計のことを言います。吹き抜け、玄関ポーチのような壁で囲まれていない部分は床面積に含まれません。しかし、階段については、1階、2階ともカウントされます。)

注文住宅にかかる費用が高いか否かについて、坪単価だけを見て判断してしまう方は少なくありません…。

ですが、ここが落とし穴!!

実は、広告に掲載されている坪単価は、その業者が想定した延床面積、間取りプラン、設備、建築材料などを基に算出されているケースが一般的で、実際に家を建てた場合の坪単価が異なるケースもあります。

  • (1)坪単価の計算基準は会社によって異なる

延床面積で計算するより、施工床面積で計算した場合の坪単価が安くなっていることがあるからです。

  • (2)地域よって坪単価が変わるケースもある

坪単価が高い東京都の70万円超えに対して、宮崎県では40万円台であったりと地域によってばらばらです。

  • (3)床面積が小さいほど坪単価が高くなる傾向がある

延床面積が小さくなっても、設備機器や建築資材の運搬費・仮設費用・養成費・人件費などは変わらないため、床面積が小さいほど坪単価が高くなります。

  • (4)仕様や設備のグレードによって坪単価が変わる

グレードを上げると、本体価格が高くなるため坪単価も変わってきます。

  • (5)家の形状によって坪単価が変わる

広告に掲載している家は、四角い形状の家が多いですが、建物は凸凹の場所が増えることによって、柱や壁の面積が増えることもあり、工事費・材料費などの費用が増え、結果として本体価格の費用が高くなり、坪単価も高くなります。

  • (6)本体価格(坪単価×延床面積)だけじゃない

地盤改良工事・ガス引き込み工事・外構や照明などの付帯工事は別途となります。

上記のことを踏まえたうえで家づくりのご参考に「坪単価」を取り入れて下さいね*


坪単価の内容を含めた、住まいづくりの参考になる、「家づくりでやってはいけない10のこと」をコラムにてご紹介させて頂いています。

「家づくりでやってはいけない10のこと」

 

 

 ■合わせて読みたい記事■

家づくり無料相談会 

 

■合わせて読みたい記事■

大切にしたい家族の健康

 
 

■まずは、資料請求から■

家づくりの参考になる資料請求

 

 

 

よくある質問|Q&A

ページトップへ