Q.どのような構造体の住まいですか?

檜の木を使用した、木造在来軸組工法を採用しています。

伝統的な工法なので、木の良さを表現するための真壁造り(柱・梁現し)ができます。また、真壁造りにすることにより、木が持っている調湿効果を期待することができます。

近年では耐震性向上のために壁量を増やす傾向があるが、開口幅(出入り口の幅)が大きく取れることは変わらず、開放的な空間と、丈夫さや耐久性も兼ね揃えております。

もっとアンシンを詳しく知りたい方はコチラ

よくある質問|Q&A

ページトップへ