家づくりに大切なもの

基本的なことを
しっかりとできるだけの精神力

大工として伝統的な家づくりを体で覚えこむと同時に、きちんとした知識の裏付けを得るために、職業訓練校に通いました。26歳で独立、一級技能士の資格も取りました。

在来工法にこだわるといっても、古いものに固執するのではなく、通気や断熱工法、耐震・耐久性に関する新しい技術は積極的に取り入れてきました。現在では木造のよさを生かしつつ、間違いのない施工ができるということに関して、かなり自信を持っています。

しかしそういうことは、長年この仕事をしていれば当たり前のこと。より大切なのは、きちんと挨拶をする、いつも現場をきれいにしておく、お客様のことを真剣に考えて仕事をするなどの精神面だと、私は考えています。

よく「魂の入った家」と表現しますが、それは職人が魂を込めることによって、木の性質が生かされ、その性質がそのまま家の魂となって宿るのではないでしょうか。魂を込めた仕事をするためには、しっかりとして、ぶれない職人でなくてはなりません。そのための精神力を養うのが、挨拶、掃除、思いやりといった、日常の基本的な動作だと私は考えています。

 

基本的なことをしっかりと


幸せな社員が幸せなをつくる

挨拶、掃除、思いやり。それらは「おもてなしの心」とも言い換えられると思います。このおもてなしの心を、私はアンシン建設の社員全員に持ってもらいたいと考えています。そのために何をすればいいかと言うと、まずは私自身がその心を社員に示すことが一番でしょう。

ある社員が私のことを評して「お客様のみならず、社員にまで腰が低い」と言ったことがありますが(笑)、確かにそういうところはあるかもしれません。私は、「人は大切にされることによって、他人を大切にすることを学ぶものだ」と思います。多くの幸せな社員をつくることが、お客様に幸せになれる家を提供するための近道。そして最後には、それはアンシンへの評価となって還ってくるはずです。

社員自慢をするようで恐縮ですが、アンシン建設でしょっちゅう行なわれているイベントの場での、うちのスタッフの働きぶりはすごいですよ。自分のことなんて考えずに、ひたすらお客様が楽しんでくれることだけを考えている。そんなスタッフの目の輝きを見る時、私はすごい宝物を持っているんだなあ、と嬉しくなってしまうのです。

 

幸せな社員が幸せな家をつくる   幸せな社員が幸せな家をつくる

 

次は、「当たり前のことを地道に」

会社案内|アンシンの歩み

ページトップへ