ただいま建築中

ジャンル|全ての物件

開放的な窓と繋がるお庭の住まい

豊田市 K様邸

建築中レポート

1.2020年09月21日
夜間の現場
夜間の現場

お施主様から夜間の現場の写真を送っていただきました。
大きい窓から見える光がとても綺麗です。
(お施主様お写真提供ありがとうございます。)

2.2020年09月15日
床貼り
床貼り

床貼りに入りました。
ここでは15mmの飫肥杉を使用していきます。

3.2020年09月15日
ユニット設置
ユニット設置

ユニットバスが搬入され組み立てられました。

4.2020年09月07日
外部シート施工
外部シート施工

外部シートを施工しました。
防水性、透湿性に優れ湿気を溜め込まず、雨水の進入を防ぎます。
シートのジョイント部分も防水テープで留めていきます。

5.2020年09月05日
ベランダFRP防水施工
ベランダFRP防水施工

ベランダに防水施工を行いました。
FRP防水という防水方法で行います。
ガラス繊維が含まれたシートを敷き上から接着剤で接着していきます。

6.2020年09月04日
制振ダンパー施工
制振ダンパー施工

制振ダンパーを施工しました。
柱と梁に取り付けます。
地震の際小さな揺れから反応し振動を吸収してくれます。

7.2020年09月03日
瓦施工
瓦施工

ルーフィングの上から瓦を施工しました。
使用されている瓦は軽量防災平板瓦です。

8.2020年09月02日
ルーフィング施工
ルーフィング施工

上棟が終わると屋根工事に入っていきます。
屋根の上に敷いているシートはルーフィングといい、これを敷くことで家の中に雨水が入り込むのを防ぎます。
瓦を施工すると見えなくなってしまう部分なので、この段階でルーフィングの重なりや棟換気の位置などを確認していきます。

9.2020年09月01日
上棟(6)
上棟(6)

上棟もいよいよ終盤です。
骨組みが出来上がったら周りをブルーシートで雨養生し、雨が入りやすい部分はルーフィングで防水施工を行っていきます。
建物の中では上棟式の準備が行われています。

10.2020年09月01日
上棟(5)
上棟(5)

屋根の形ができあがってきました。これから垂木を組んでいきます。
垂木を組んだら野地板、ルーフィングの順番で施工していきます。

11.2020年09月01日
上棟(4)
上棟(4)

いよいよ二階部分が組まれていきます。
一階から二階まで突き抜けている長い柱は通し柱といいます。

12.2020年09月01日
上棟(3)
上棟(3)

一階部分の柱や梁が組まれてきました。
斜めに入っている木材は仮筋交いといい骨組みの垂直を固定する役目があります。
筋交いを入れるまでの仮止めとして入れられます。

13.2020年09月01日
上棟(2)
上棟(2)

柱を立てたら梁を組んでいきます。
紙が巻かれ養生されている柱は化粧柱です。

14.2020年09月01日
上棟(1)
上棟(1)

上棟が始まりました。
まずは搬入された材料をばらして柱を建てていきます。

15.2020年08月28日
足場設置
足場設置

敷地の養生を終えたら足場屋さんに入っていただき足場の設置してもらいます。
桜や槙の木に気をつけながら組んでいただきます。

16.2020年08月27日
敷地養生
敷地養生

敷地を転圧し足場が設置できるくらいになるまで固めていきます。
その後敷地をシートで養生しを杭で固定します。
シート重なり部分は防水テープで留めていきます。

17.2020年08月26日
土台伏せ完了
土台伏せ完了

土台伏せが完了しました。
ブルーシートで養生していきます。
シートの重なり部分やシートと金物の隙間から雨が入らないよう防水テープで養生します。

18.2020年08月25日
土台伏せ2
土台伏せ2

墨出しを行い土台を施工するための基準の線を出し終えました。
基礎の上に基礎パッキンと土台を施工していきます。
アンカーボルトで基礎と土台をしっかり固定します。

19.2020年08月24日
土台伏せ
土台伏せ

基礎工事、先行配管が終わり土台伏せに入りました。
ここから大工さんに入っていただき基礎に墨出しを行っていきます。

20.2020年08月19日
水道配管
水道配管

水道の配管工事を行いました。
床下に通していきます。
青色の管が水でピンク色の管がお湯となっています。

21.2020年08月06日
基礎完工
基礎完工

基礎の型枠が取り外されました。
ここから45センチ間隔で基礎の天端の水平を確認していきます。
基準値の±1ミリとなるまで修正していきます。
これで基礎工事は完了となります。

22.2020年07月29日
立ち上がり型組
立ち上がり型組

基礎の立ち上がりの型枠組みを行いました。
これから立ち上がりのコンクリート打設に入ります。
基礎工事完了まであと少しです。

23.2020年07月28日
ベースコンクリート
ベースコンクリート

基礎のベースとなるコンクリートの打設です。
ベースコンクリートの打設後は立ち上がりの型枠組に入ります。

24.2020年07月28日
鉄筋組み
鉄筋組み

鉄筋組みです。
組み終わったら鉄筋の間隔、太さなどが決められた通りに組まれているか確認検査を行います。
検査に合格したらベースコンクリートを打設していきます。

25.2020年07月24日
ベース型枠
ベース型枠

捨てコンの上に墨を打ち、基礎のベース型枠を組んでいきます。
これから鉄筋を組んでいきます。

26.2020年07月23日
捨てコンクリート
捨てコンクリート

掘方を終え砕石を入れ防湿シートを敷き捨コンを打設していきます
捨コンは5㎝の厚さでコンクリートを打設します

27.2020年07月23日
砕石、防湿シート
砕石、防湿シート

掘った地盤の上に厚さ15センチの砕石を敷き転圧していきます。
その後防湿シートを張り地面から湿気が上がってるくのを防ぎます。

28.2020年07月23日
堀方
堀方

掘方と呼ばれる基礎を作るための掘削作業を行っています。
外堀り・内堀りで15㎝の段差を付けて掘方を行っていきます。

29.2020年07月22日
家宝の槙の木
家宝の槙の木

堀方を終えた後、造園士さんにお客様の家の敷地にある大切な槙の木の根の状態を見ていただきました。根を触り匂いを嗅いで状態を確認してくださいました。
槙の木を考慮し、今回は基礎の型枠を解体し埋め戻す際、園芸用のサバ土に肥料を混ぜて埋め戻すようご指示を頂きました。
大切な槙の木への配慮を欠かさず工事を進めてまいります。

30.2020年07月22日
丁張り
丁張り

丁張り工事です。
基礎の外周部に杭を打ち、建物が建つ予定の場所を囲っていきます。
そこから今後の工事で使用する位置や高さの基準を出していきます。

31.2020年07月22日
あんしんの健康炭
あんしんの健康炭

あんしんの健康炭を埋設しました。
敷地に1.5mの深さの穴を掘り、6袋埋設します
地中に埋設し炭素の力を借りて土地に望ましい電気の流れをつくることで、マイナスイオン優位環境を作り出します。

32.2020年07月22日
地盤改良
地盤改良

地盤改良の工事です。
今回の改良工法は湿式柱状改良というものです。
機械で穴を掘り、既設の土にセメントを混ぜコンクリートの杭を地中につくっていきます。

33.2020年07月21日
敷地
敷地

今回の新築が建つ敷地になります。
(写真はお客様よりご提供いただきました。ありがとうございます。)
敷地内には大きな槙の木と桜の木があり、その間にお家を建てていきます。
お客様の大切な木やお庭を傷つけないよう配慮しながら工事をしていきます。


facebook

イベント情報や、HPでおすすめの内容をピックアップして投稿していますよ*最新のイベントチェックなどはfacebookから(*^^)v!!イベントの?今?も更新中*

画像をクリック↓

ジャンル - 全ての物件 にある

その他のただいま建築中

ページトップへ