ただいま建築中

ジャンル|全ての物件

家族喜ぶ便利な回遊型動線のお家!

豊田市 K様邸

建築中レポート

1.2020年09月25日
金物施工
金物施工

部材に金物が施工されました。
施工されたら図面通りの場所に決まった金物が施工されているか確認していきます。

2.2020年09月13日
瓦施工
瓦施工

瓦の施工に入りました。
瓦は平板瓦が使われています。

3.2020年09月11日
上棟(6)
上棟(6)

一階二階はブルーシートで雨養生し、屋根も無事ルーフィングまで施工できました。(写真の黒いシートのことです)
ルーフィングを敷くことで雨水の進入を防ぎます。
この後上棟式を行い、お客様に立ち会っていただきます。

4.2020年09月11日
上棟(5)
上棟(5)

屋根の垂木が組まれました。
これから野地板、ルーフィングを敷いていきます。

5.2020年09月11日
上棟(4)
上棟(4)

二階も着々と出来上がってきました。
少し天気が心配です。。。

6.2020年09月11日
上棟(3)
上棟(3)

一階部分が組まれました。
斜めに入っている木材は仮筋交いといいます。
筋交いを入れるまでの間、建物の垂直を固定させる役割があります。

7.2020年09月11日
上棟(2)
上棟(2)

柱を立てたら次は梁を組んでいきます。
化粧梁、化粧柱は紙を巻いて養生されています。

8.2020年09月11日
上棟(1)
上棟(1)

いよいよ上棟です
まずは材料をバラして柱から立てていきます。

9.2020年09月09日
足場設置
足場設置

足場が組まれ、上棟の材料が搬入されています。
上棟の準備が着々と進んでいます。

10.2020年09月05日
土台断熱施工
土台断熱施工

土台に断熱材が入れられました。
床下からの熱を通さないので床が冷えるのを防いでくれます。

11.2020年09月04日
土台伏せ(2)
土台伏せ(2)

土台伏せも進み基礎の上に基礎パッキンと土台材が施工されました。
アンカーボルトで土台と基礎をしっかり固定します。
長い金物はホールダウン金物といい柱と基礎を固定させるためのものです。

12.2020年09月03日
土台伏せ
土台伏せ

基礎工事か完了し土台伏せが始まりました。
大工さんが基礎の天端に墨出しをして土台材を置く基準の線を出していきます。
墨出しができたら基礎に基礎パッキンと土台材を施工していきます。

13.2020年09月02日
先行配管
先行配管

先行配管を行いました。
床下に配管していきます。
青色の管が水でピンク色の管がお湯となっています。

14.2020年09月01日
基礎完工
基礎完工

基礎が完成しました。
ここから基礎の天端検査を行います。
基礎の天端を45センチ間隔で検査し±1ミリまで修正を行い天端を水平にしていきます。
検査が終わったらお施主様に基礎の立ち会いをしていただきます。
これで基礎工事は完了となります。

15.2020年08月26日
立ち上がり型組
立ち上がり型組

基礎の立ち上がりの型枠組みが完了しました。
これから立ち上がり部分にコンクリートを打設します。
コンクリート打設前に金物の位置や数を確認していきます。

16.2020年08月21日
ベースコンクリート
ベースコンクリート

基礎のベースとなるコンクリートの打設です。
ベースコンクリートの打設後は立ち上がりの型枠組に入ります。
建物の重量を支えてくれる重要な部分です。

17.2020年08月20日
鉄筋組み
鉄筋組み

鉄筋が組まれました。
ここから鉄筋の間隔や太さなどが決められたものになっているか検査していきます。
人通口の位置なども図面を見ながらチェックしていきます。
検査を終えたらベースコンクリートを打設していきます。

18.2020年08月11日
捨てコンクリート
捨てコンクリート

防湿シートの上から厚さ50mmの捨てコンクリートを打設していきます。
捨てコンクリートを打設することで基礎の型枠を組む際に必要な線を出す墨出し作業が行えます。

19.2020年08月10日
防湿シート
防湿シート

砕石を敷き、転圧したあとは防湿シートを敷きます。
これによって地面からの湿気を防ぎます。

20.2020年08月09日
砕石
砕石

砕石を敷き均し転圧していきます。
砕石は150mmの厚さで敷かれます、砕石を敷き終えたら防湿シートをしていきます。

21.2020年08月08日
堀方
堀方

掘方と呼ばれる基礎を作るための掘削作業です。
外堀り・内堀りで15㎝の段差を付けて掘っていきます。
段差が15cmとなっているか確認も行います。

22.2020年08月08日
あんしんの健康炭
あんしんの健康炭

あんしんの健康炭を埋設しました。
建物の立つ場所に1.5m深さの穴を堀り、6袋埋設します。
炭の力を借りることで敷地をマイナスイオン優位環境へと作りかえます。
森林の中にいるような清々しい空間を目指します。

23.2020年08月07日
丁張り
丁張り

丁張り工事です。
基礎の外周部に杭を打ち、建物が建つ予定の場所を囲っていきます。
今後の工事で使用する位置や高さの基準を出します。
丁張りの高さは基礎の天端+100mmとなっています。

24.2020年08月04日
地縄
地縄

地縄張りです
敷地に建物が立つ位置に縄を張り、お家の大きさや位置を示します。
地縄を張ったらお施主様に立ち会っていただき隣地との距離感やお部屋の位置などを確認していただきます。

ジャンル - 全ての物件 にある

その他のただいま建築中

ページトップへ