スタッフ紹介

設計部設計部 主任 山本 恵理

設計部 主任 山本 恵理
【家づくりで大切にしていること】小さいころから、部屋の模様替えなどが好きで、家具の位置を変えるだけで 目線が変わり、同じ部屋がまるで違う空間になることが 楽しくて楽しくてしょうがなかったです。 そのわくわく感と自分の根っこになる、いえ。が大好きでした。 そこで笑って泣いて、いろんな思い出ができました。 外からかえってきたときに、ほっこり。包み込むような。自分の居場所がある。 【いえづくり】を大切にしています。
知多市出身  。               
8月19日生まれ。
趣味:ふらふらする旅。
山本恵理:ブログ←クリック
☽ 12月 ☾
どうもこんにちは。
12月になりました。
お遍路6日目です。
今日は、お宿から18番寺・恩山寺へ向かいます。徳島の街中をあるくひたすら国道を歩きます。
朝の通勤渋滞の車の横を(広い歩道があり助かります!!)黙々と歩く。
車に抜かされ、車を抜かし。
歩いても歩いても、道路は続くなー。足痛いなー。と思いながら国道を歩いてました。
う-ん。湿布が欲しいな。なかなか、ドラッグストアがない・・・。
8時30分ごろようやく、ドラッグストアを見つけました。しかし、開店は9時。
30分も待つ??う-ん。先にドラッグストアあるかな?わからんな。
お店の外で、おばあちゃんも待ってました。おばあちゃんに、恩山寺に行く途中にドラッグストアある??と聞くと
 
ないよ。ここで買っていった方がいいよ。30分、休憩しなさい。
私も恩山寺のふもとに住んでるから、一緒に連れて行ってあげるよ。と。
おばあちゃん、ありがと。ありがたい。
ドラッグストアで、ほしいものを買いそろえて、おばあちゃんと、二人お遍路。
 
私は、毎日散歩していて、ここのドラッグストアは食料品も売ってるから、買いに来るのよ。
 
たしかに、おばあちゃんなのに、足腰がしっかりしていて、歩く速度も速い!!
こりゃ、毎日歩いてるわ=。(^_-)-☆
こっちの道を行くと危ないくないからね。国道は排気ガスがすごいから、こっちの方が安全よ。
と、おばあちゃんと道中、いろんな話をして、ジュ-スまでおごってもらい、
恩山寺までついて行ってあげるよと言われたのですが、あとはまっすぐだから、大丈夫と、おばあちゃんの家の前で別れました。
まったく、しらないおばあちゃんと、ずっとお話ができて、歩いているときに誰かと一緒に歩くということがなかったので、なんだか、うれしかったです。
そこから、18番→19番へ行き、とうとう、明日は山登りがまた始まるので、金剛杖を19寺で買わさせていただきました。
そこから、20寺の近くの道の駅まで、お宿の人が迎えに来てくださるので、そこまでが歩くのですが、雨と長距離で
心が折れそうになりました。
しかし、途中で、素敵な建物に出会ったり、下校途中の小学生全員にこんにちは。と声をかけてもらったり。
道の駅に着いたときは、足が、がくがくでした。生まれたての子羊のよう。(#^.^#)
 
そこから、廃校になった学校をリノベ-ションしたお宿に車で乗せていただきました。
そこは、過疎化がすすみ、小学校が閉校になっちゃったんだけど、近隣に住む、そこの小学校の卒業生のおじさん、おばさん、おばあちゃんが、運営しています。
なんと、この日は、コロナの関係もあって、泊まる人は私一人なのに、お宿に、おじさん、おばさん、おばあちゃんが4~5人いて、私一人のために、お風呂を沸かしてくれて、ごはんを作ってくれて、もてなしてくれました。
どう考えても、人件費の方が、私の払う宿代よりかかるんじゃないか?これは赤字では??
 
お風呂も私一人では大きすぎるお風呂にたっぷりの湯を張ってくれて、それだけでも申し訳ないのに、ごめんね。
大浴場の方に湯を張れなくて。と言われました。あんなにおおきかったのは小浴場なんですって。ユニットでもいいくらいなのに。。庭が見えるすてきなお風呂でした。
 
夜ごはんも、腰が90度くらいまがったおばあちゃんが、一生懸命、いそいそ、とごはんを準備してくれて、たくさん食べなさいね。これも食べなさいね。と。お遍路えらいね。きっといいことがあるよ。と。
 
涙が出ました。
お遍路を始めるとき、辛すぎて泣いて帰ってくるかも。といって、家を出ました。
めっちゃ、足痛いし、雨ざんざん、降られるし、遭難?しかけるし、
なんなら、ゲームだったら、リセットだなー。とか、辛いことはたくさんあるけれど、
泣くことはなかった。
 
私が泣くときは、辛いときじゃないんだ。
人の優しさ、親切心に触れたときに涙が出るんだ。
 
お遍路をやらさせていただいている。いろんな人に支えられて、まわらさせてもらってるんだな。と
つくづく思ったのでした。
☽ 11月 ☾
どうもこんにちは。
11月になりました。
お遍路5日目です。
足がすごいことになってきました。。。
今まで歩いてない人が、急に20Km歩き、山を越え山を下り
1日ずっと何時間も歩いているため、足は疲れとマメ。爪がはがれ始め、
足が悲鳴を上げてきました。
足とは裏腹に、本人はいたって、すっきり。した気持ちで、足さえ。。。と思いながら、
お布団から立ち上がるのも、すごい時間がかかるし、食事会場にいく階段やお風呂へも、すごい時間のかかる
私の移動をお宿の人が見ていました。
 
おいしいごはんを食べながら、お宿の人と話をしていました。
ここのお宿は、すべて手作りで、体に良い材料で作ってくれてるんです。
ご家族で経営されているのですが、お嬢さん(40代くらいの女の方)に、
そんなに急がなくてもいいんじゃない?
ガイドブックに載ってるお遍路のスケジュ-ルなんて、あてにしない方がいい。
廻る人の体力とか気候、天気でも、歩ける距離は変わってくるし。。
日本人は、先を急ぐのよね。どれだけ歩いたとか、どれだけお寺に行けたとか。。
張り合ってるよ。誰と??
今はコロナの関係で、外国の人はお遍路来ないけど
外国の人は、いろいろ番外のお寺とか、道草しながら、お遍路楽しんでいるよ。
少しペースを落としたら??
 
・・・。
私の中で、なにかぽろっと。はがれました。
あれ?なにを急いでいるんだ?
先ほどのお宿の人の答えは、わたしが、ガイドブックのスケジュ-ル通りになかなか、
いかんもんですねー。といったからでした。
しかし、人それぞれ、ペースがあるし、それに、私がいやだ。と思ってる旅の仕方じゃん。って。
海外へいくと、日本人は、め-いっぱいに、観光地を巡り、分刻みでスケジュ-ルをこなしていく。
旅行なのに。昔、私もツア-で海外にいってたときもあったけど、わ~、こんなところでお茶したい!!とおもっても、
次の観光地にいくから、バスに乗って!!とせかされたりするのに、いやだった。
他の外国の人達は、旅先でゆっくり、なにもせず、楽しんでいる。日本人はせこせこ。している。まあ、
それはそれで、効率重視だからいいのだけど、私は、旅を、その場所で過ごす時間を楽しむじゃなかったっけ?
でも、今の私、せこせこしてるやん。
なんのために、お遍路してるのか?
 
出る前に友人に言われた。
お大師さんは、逃げやしない。待っててくれとるよと。
急げば、いいんじゃない。お遍路してるときに、何を考え、何を感じ、四国をお遍路を楽しむかだ!
 
そうだね。明日は、距離を落として、阿波踊り会館に行き、阿波踊り見よう!!
せっかく徳島にきたのに、阿波踊りみないで、どうする!!
大きく、シフトチェンジ。
阿波踊り会館に行く途中に、かわいいかき氷屋を見つけ、スダチジャムのカキ氷を食べ(徳島名産)
裏道に入り、おしゃれなおうちをたくさん発見して、うきうきしたり。
阿波踊り会館で初めてみた阿波踊りに、鳥肌が立ち。
 
すごい!!民族だ!!魂の入った踊りだ!音楽だ!すごい。すごい。しかでてこなかった。
 私は、こんなすごい踊りを見ずに前に進もうとしていたのか・・・。
ああ、私は楽しむということを忘れていたのだな。と。
立ち止まって考えるために、足がこんなになった?足がこんなにならんかったら、突っ走ってたな。
ゆっくり、自分のペースで行こう。
 
お大師さんは、逃げたりしない。
 
 お遍路では、いろんな人がきづかせてくれる。お宿の人ありがとうございます。
 
 
☽ 10月 ☾
どうもこんにちは。
10月になりました。
お遍路4日目です。
昨日は、大変な12番札所をクリアして、足も痛く
大変でしたが、気分は爽快でした。
しかし、地図を見る限りは、12から13寺までも、とてつもない、距離。
どしょっぱつから、山道が始まりました。昨日きちんと寝れたのがよかったのか
歩き始めれる自分にびっくりしました。
しかし、山道は昨日を彷彿とさせて、10歩進んで休む。の繰り返しでしたが、
この山々の自然の中を歩くのは畏怖の念を感じました。
 
 
もののけ姫のサントラが、流れ始め、もののけ姫の世界?に入った気持ち。
しかし、そんなのんきなことも、言っておれず・・・。山道がえらい。山道、坂えらい。
まじ、昔の人、こんな道をわらじで歩くなんて、野生の動物たち。リスペクト。
えらいよ-。足痛いよー。
そこへ・・・。
 
そこの者。
 
??
木の枝が落ちてました。これを杖にすれば、多少は楽かな・・。
 
 そこの者。
わしと一緒に、13札所の大日寺まで行くのじゃ。
そして、歩ききったら、大日寺の前にある神社の山にわしを、奉納するのじゃ。
 
お棒さん!!  (お坊さん!!) わかりました。ご同行願います!!
 
寸劇おしまい。脳内妄想おしまい。
そこから、私は、お棒さんとともに、13寺まで一緒にお遍路することになりました。
山道に、お棒さんは、とてつもない力を発揮してくれました。お棒さんが、私の体重を支え、
お棒さんをつくことで、ぐい-っと前に進む!!
少し、へこたれると、お棒さんが、13寺の神社にわしを連れて行くのだ。という使命を
私に与えてくれたので、前に進むことができました。
 
 
 
 
 
お遍路道の途中には、お遍路小屋というのがあります。
これは、お遍路さんが休憩できるように、有志の方々がお遍路小屋を
建ててくれているのです。その中には、大学の建築学科の学生さんも入ってます。
そして、地域の建築に携わってる方々が協力してくれてます。
同じ建築を仕事にしている私にとって、なんか、背中を押してくれる、
そして、なんだか、誇らしい気持ちがしました。
建築って、人に役立つ仕事なんだな。
誰かに手を差し伸べることのできる仕事の一つなのだな。って。
 
お遍路小屋とお棒さん。
ほんと、心の支えでした。お棒さん。ありがとうございます。
 
山を越えると・・・。
 
 
村のあらゆるところに、おしゃれ、案山子??がいました。
おもしろ-い!!結構なクオリティでした!!軒先に人がいる!とおもったら、おしゃれ案山子!
村の人口より案山子の方が多いのでは??(#^.^#)
 
 
13番まで遠いな-。着くのかなー。昨日のお宿の人は13時半には着くよ=。と言っていたが
まるで、着かない。。。
途中であった地元の人は、まだ、半分だよー。がんばれ-。と。ありがたい、とどめをさしてくれるし。(^_-)-☆
 
 
しかし、13寺につくことは、うれしいことでもあり、寂しいことでもあるのでした。
着いたら、お棒さんを、13寺の前の神社の裏山に奉納するということ。つまり、お棒さんと
別れるということ。
さみしいな。。。
 
ようやく13寺に着き、神社裏山にお棒さんを置いていき、手ぶらになって、14寺へ向かう時、
なんだか、とても大きなものをなくしてしまった気持ちになりました。が、
お棒さんが、いなくても、自分の足で前に進むことができる力をもらった気になりました。
これは、小さいころ、補助輪を外して、自転車にのる練習をしたときに、親がうしろで支えてくれて、
気づいたら、自分で走り出せた感覚に似ていました。
背中から(山から)お棒さんが、(初めて自転車乗れた時、親が)見守ってくれてるような気持ち。
 
14.15寺に行き、お宿に着きました。
気持ちは晴れ晴れしているのですが・・・。
あんよはこんな感じになりました。。。
 
☽9月☾
どうもこんにちは。
9月になりました。
歩き遍路3日目です。
本日は、遍路ころがしという難所の12番札所の焼山寺にお参りに行きます。
 
歩き遍路はこの12番寺で、断念する人が多いとか。。。
ビビりまくり。。
すごい坂で、お遍路さんが転がっていく。ということで遍路ころがし。
この道で、その人の根性??中途半端じゃない気持ちが試される??道中なのです。
 
6番寺の宿坊で泊まった時、団体の方がいて、12番寺歩いた方が、楽勝だよ。
と年配の女の方がいってたので、そっかなー。と思ってました。が!!
うそつき~。ドショッパツから、すごい坂道じゃん!!
10歩歩いたら休憩。10歩歩いたら休憩。
すすまん!!息が上がる・・・。
 
 
えらい~。天気は曇り。
通過ポイントのざっくりの時間を聞いていたのですが、
まったくをもってその時間に到着できてない私。
30分遅れ、1時間遅れ。。。つくのか?私・・・。
そこにびっくり!!
私が進もうとしている道に、
野生動物のかもしか??さんがたっていらっしゃる。。
 
ええ?←初めて見る柵なしの状態での、野生動物とのご対面に頭はフリ-ズ。
 
ええっ。だれ?あんた。というカモシカさん。(カモシカじゃないとおもいますが)
 
ええっ。どうしたら?  散々、うり坊とかマムシとか気を付けて。とは言われたが、
こういう場合どうしたらいいの?
死んだマネ?違う。熊じゃないし。
ええっと、私が行きたい方向にカモシカさんが。進んでいいのか?
攻撃してくる??噛んでくるのか?蹴られる?こわい。。
う~ん。わかんない。。。
そうだ!!
 
どうもこんにちは。(*^_^*)
とっさに出た言葉は、カモシカさんにあいさつでした。
一応、カモシカさんのテリトリ-の山を歩かせてもらってるんだし。
まずは、あいさつですな。ととっさに思いました。
なにやってるんだ。私。と思いながら、
(人間、思いもよらないことがおこると、突飛なことをするとはいいますが・・・。)
あいさつをして、よくよくカモシカさんの顔をみたら、
すごく優しい目で見てきた。
めっちゃ、かわいい顔してる。やさしい目だなー。と見とれてたら、
カモシカさんが、わきの土手におりてくれて、
わたしに道を譲ってくれました。ありがとー!!
 
そして、土手から、私の方をじーっとみて、私が行くのを見送ってくれました。
あいさつは、するもんだな~。と思いました。(*^_^*)
 
どんどん歩いても歩いても、一向に、お寺は見えず、
あれ?登ってたはずなのに、下りてない?私。
ってことは、また、登るってことじゃん!!
お寺は山の上なんだから!!どういうこと??おりるって??
1つ目の山を越えて
2つ目の山を登るってこと??と。。。こりゃー、つかない。。。
どこが、楽勝なんだ。まったくを持って楽勝ではない。
しかし、木々の陰と風の音と鳥の声の中、私は気分よく、嵐のカイトをうたいながら、歩いていきました。
のんきでおられたのは、ここまででした。
 
あさから、パラパラ降っていた雨は、熱気を持ったからだをク-ルダウンさせるのに、
もってこいの小雨でしたが、午後から、土砂降りになり、岩場の山道が滑るし、
へんな風に力が入り、体は疲れるし、山道が坂なので、上から大量の雨水が流れてきて
滝のようになり、ぎゃあ~。初心者だから!!初心者。登山初心者!
どこをどう、登るんだ。わからん。
ず-っと歩いてる。6時間以上あるいてる。なんなら、もうすぐ7時間になるし。
雨なので、休憩するためにも座れないし。
グ-グルで自分の現在位置を確認すると焼山寺まで、まだ遠い・・・。
雨で体はずぶぬれだし、くつもぐじょぐじょ。荷物のリュックも重いなー。
お宿に連絡するメ-ルをうつにもメガネ曇ってくるし・・・。
 
絶望。たぶん、マンガだったら、私の上に絶望。という言葉がのるんだろうなー。
空を見上げ、雨はすごい上、雷もとどろき。
自衛隊のヘリコプタ-はここに来れるのか?着陸は無理だな。ロ-プで救助?
もしや、遭難?私。
いやー、ニュ-スに載る。まずい!!年齢がばれる。←えっ?そこ?
と、脳内シミレ-ション。全開。
 
・・・
登るしかない。登らないとお寺につかない。
自分を助けるのは自分だ。
急に、冷静になり、雷雨の中、滝のように流れてくる雨水の山道の岩場を
歩き始めました。
なんですかね。腹をくくったんですかね。
自分でもこのときの、変わりよう??はわかりません。
でも、じたばた、わめいても、誰も助けてはくれないし、
自分でどうにかするしかない。ということは、わかる。
じゃあ、やることは?
進むしかない。
 
お寺についたときは、少し意識がもうろうとしてました。
ワンピ-スで山をあがってくる人なんていないから、最初はお納経所の住職さんも
歩き遍路とは思ってなかったと思います。
自動車で来た人もかなり駐車場から歩くので、その一人と思われたと思いますが、
あれ?この人歩いてきた?とおもってくれたのですが、
 
もう、お宿までは、タクシ-だ!!と思って、タクシ-呼んでください。といったら、
この山にタクシ-くるまで30分かかる、歩いてお宿1時間半でつくから、
ここで30分待つより、歩いた方が体も温まるし
歩いていきなさいと。。なんと鬼?と思いましたが、
明日、またここまで戻って歩き始めなくちゃいけないし、お宿までの途中の道にある
衛門三郎さんの銅像をみたときに、このつらさを衛門三郎さんは、経験したんだ。と
どんな気持ちで詫びたのだろう。と身につまされる思いでした。
たぶん、タクシ-でその横を通り過ぎるだけなら、こんな気持ちにならなかった。
住職さんはそれを見越して、私にあえて、歩いていきなさいといったのかな。と思いました。
 
お宿に着いた時、ほっとしました。
 
 (今回、写真がうまく乗らなかったので割愛してますー。調子が悪いのかな)
☽ 8月 ☾
どうもこんにちは。
8月になりました。
歩きお遍路2日目です。
昨日は、6番寺安楽寺の宿坊に泊まりました。
 
朝からもりもり。もりこで食べました。
昨日一日、歩いてみて、わかったことがありました!!
荷物は軽くしろ!!。着替えは1枚でよい。(洗濯できるし、乾燥機もある!!)
荷物が、体力を消耗する・・・。ということで、自宅に着替えやら、必要かも・・。
と不安で持ってきたものを、送り返しました!!
実は、昨日7寺は、先に行って、打ってきたので(お寺に行き、ご朱印をもらうことを打つといいます)
ということで、6寺から7寺まではもう歩いたので、タクシ-で7寺まで行き、そこから8寺を目指します!!
タクシ-がくるまで、お寺のおじさんから、道をききました。
おじさんの手作り地図ですっ!この道を行った方がいいよー。と
 
教えてくれました。ありがたや。ありがたや。
タクシ-にも、なんども、連絡取ってくれて、ありがたやです。
8寺。熊谷寺。アジサイがきれいだなー。
階段を登ったところにあるお寺で、
毎日参拝しているというお母さんに会いました。
ここの修行大師さんが一番、やさしい顔をしているの。
そして、ここのお大師さんは、私の話をよく聞いてくれるよ。
と。
 お母さんの顔がとても、すがすがしくて、すてきな笑顔で
朝から、すてきなお母さんに会えました。(*^_^*)
 
 
 
てくてく歩いて。めっちゃ、暑い・・・。
ゆでだこになる・・・。
 
9番寺は法輪寺。
 
お寺前のお茶屋さんの前を通ると、甘酒の看板が!!
おじさん!お寺お参りしてから、冷たい甘酒のみに来るからよろしく!!
と、おじさんに頼んでから、お寺に行きました。
ここのお寺のご朱印所には猫ちゃんがいました。かわいい~。
参拝してから、冷たーい甘酒を飲みました!!とてもおいしく
疲れも吹っ飛ぶね!!
おじさんが、おなかすいてるでしょ?おいもと冷たいお水をくれました。
おいもは、売り物なのに。。。
徳島はなにもないけど、お水がおいしいんだよ。
冷たくて、まろやかなお水。めっちゃおいしいです!
おいもも、おいしいっ。
これを、お接待といいます。
地元の人はお遍路さんに、食べ物や飲み物をくれます。
お遍路さんは、一人で歩いてるんじゃなくて、お大師さん(空海)と一緒に
歩いているんです。これを同行二人。といいます。
お遍路さんをとおして、お大師さんに、お接待しているので、基本、断ってはだめです。
わたしにくれてるわけでは、ないので。(*^_^*)間違えちゃダメ。(*^_^*)
 
しかし、わたしは、歩いている中で、たくさんのお接待を頂きました。
それは、物だけじゃなくて、へばって歩いている私に、がんばれー。ご苦労様ー。
こんにちはー。と声をかけてくれることが一番のお接待だと
思いました。
知らない人に声をかけるのって、勇気がいると思うんです。
知らない、私に、笑顔でがんばってねー。と声をかけられると、元気が出ます。
うれしくなります。
そして、わかったことがあるんです。
歩いてるんじゃないんだ。
歩かせてもらってるんだ。と。
 
 
途中で大雨に降られました。
吉野川です。足は、痛いし、ずぶぬれだし。
なかなか、11番寺までつかないし。。遠いなー。
つ、ついた・・・。遠いよ~。
しかし、足は痛いけど、気持ちは晴れ晴れ。なのでした。
明日は、遍路ころがしと言われる難所12番寺に行きます。
 
11番寺のわきから12番への道が続きます・・。
その前に11番寺のふもとにあるお宿に泊まりました!!
ご飯がおいしくて、幸せでした~。
お風呂もとても気持ち良かった~。
当たり前のことなのに、こんなに、幸せなのだな。
気づかなかったな。
と、思ったのでした。
 
 
☽ 7月 ☾
どうもこんにちは。
7月になりました。
あら?6月が・・・。
今回、緊急事態宣言が解除されたので、念願の四国歩きお遍路に挑戦します!!
かれこれ、やりたい!!と思って10年以上。
まずは、知多四国でしょ。ということで、知多四国は歩きを1・5回まわっております。
しかし、今回は規模が違い過ぎるので、去年、ツア-で逆打ちに参加して、
お寺とかお作法とか地域、距離感、四国という場所を下見?を
かねて行くことが出来ました。バスに乗っての遍路。
バスでこの移動時間・・・。無謀か?私。
不安しかない、下準備の上の、歩き遍路。
とは、いえ、ツア-の先達さんが、歩き遍路は見えないものが見えてくる。
という言葉を聞き、みえないもが見える。
えっ!!何が見えるの??と好奇心の方が勝っておりました。
海外に行く準備なんて、前日に、お金とパスポ-トがあれば・・・。くらいな準備しかしない人が
今回は、念入りに準備、あるき遍路のブログも読みまくり。。準備の力の入れ方が違う(*^_^*)
ドキドキしながら・・・。
 
徳島駅から第一番札所の霊山寺へ。
前回は逆打ちでしたので、最後に来たのが1番札所。7か月前です。
はじまるんだ~。とどきどきしながら、お参りをしました。
 
こ~んな道や
 
えっ??ここ?てな道。
でも、こんな道は、まだまだかわいいとはこのときは
知らなかったのです。
1日目は、暑さの中、ゆでだこ。になりそうになりながら、
しかし、徳島の自然を感じながら、鶯の声をきき、気持ちよいハイキング気分で歩いていました。
3番から4番、5番がえらかったかなー。
 
気をつけてね。ご苦労様。という声に励まされながら、てくてく歩いていきました。
一日目の今日は6番寺 安楽寺の宿坊に泊まりました!!
逆打ちできたとき、ぜひ、あるきの時は、ここに泊まろう。
と決めてたのでうれしかったですー。
温泉付き!弘法大師さんが掘ったそうな。
宿坊に泊まると、普段は入れない本堂奥には入れたり、ご本尊や大師さんの像がさわれたり、
護摩行などを体験できました。
きれいな宿坊で、ホテルか??とおもうほどでした。
こうして、第一日目のお遍路は、終わりました。
 
-担当させていただいたおうち-
 NEW!
勾配天井の大空間、包まれるおおらかな平屋の家
 
秘密のロフトがある和の家
 
好きなもの・ことに囲まれた玄関が畳の家
 
中庭のある暮らしを楽しむ家
 
 玄関からつながる家族動線と自然素材で時を豊かにすごす家
 
お客様・家族をもてなす和の心が宿る家
 
情緒ある格子アプロ-チと中庭があるお家

 

動線上にある収納が便利!家族が集う木のお家

アイアンの似合う無垢の木が時を彩る家

自然が生み出す、繊細な美しさを感じるお家

暮らしに合わせた収納でスッキリ暮らすお家

アイアンの妻飾り・うんてい・ブランコ・屋根裏収納のあるお家

土間玄関のある、エッグパルプ壁紙を使った、自然素材豊かなお家

左右分離型二世帯住宅~自然素材で家族の健康を守れるお家~

2階リビング&エコ壁紙・エコカラット・珪藻土を使ったお家

 みんなが集まる家

 

素材とディティールにこだわった和テイストの家


インスタグラム

アンシンハウズが今まで、建築させて頂いた住まいをご紹介しています♪自分の住みたい家が必ず見つかりますよ(^○^)*

画像をクリック↓

設計部 の

その他のスタッフ紹介

一覧へ戻る

ページトップへ